周辺の家具や色味も意識してカーテン選択!

Posted on 22 of 4月, 2016 by

カーテンを選択する時に重要なサイズ

カーテンはインテリアの重要なアクセントになり、部屋の印象にも大きく関わるものですよね。まず行いたい事はカーテン購入する前にサイズを計測する事であり、カーテンを取りつける為のカーテンレールで幅をチェックする事が必要であり、見た目の印象が良い幅は5%程度大きいカーテンを選ぶと良いでしょう。長さを計る事も重要であり、窓が床まであるものは床に付かないものを選び、床から窓の高さがある場合は、窓が少し隠れる程度のものを選ぶ事が望ましいです。

カーテンは周りとの色の関係から選ぶ

インテリアの基本としては、色の関係を意識して選択する事は重要であり、ベースになって最も広い面積を占める天井や壁、床等のカラーと、カーテン等のメインカラーは部屋全体の2割程度、さらにポイントとしてアクセントカラーを意識すると良いでしょう。カーテン単品の素材や色味だけで選択しても、部屋のベースカラーに合わなかったら浮いて見えてしまいますし、窓に合うサイズと共に色味の選択は非常に大切であり、部屋の印象を決める事もあります。

目的からカーテンの選択を行う

部屋でどう過ごしたいかを決めてからカーテンを決定する事が望ましく、サイズ合わせや色味選択を行って相性の良いカーテンを選ぶにしても、部屋全体のテーマを決める事で納得出来るカーテンを選ぶ事が可能です。リラックスしたい部屋なのか、仕事をしたい部屋か、皆で集まってくる部屋なのかによって家具の配置も設定も変わり、カーテンの選択も変わる事になりますから、カーテン単品で選択しても上手くいかない事が多い事を意識しましょう。

ひもカーテンとはストリングカーテンとも呼ばれる細いひも状のカーテンのことで、視線を柔らかく遮ることができ店舗の装飾などに使用されています。