自営業の始め方について知っておきたいこと

Posted on 23 of 2月, 2016 by

自営業を始めるために必要なこと

会社勤めから独立して、自営業を目指す人は多いものです。多くはすでに技術などを有していて、自分の力で稼ぎたいと思うものです。そのためにまず必要なことは、開業のための資金です。今では自営業として開業するための資本金などはほとんど不要となるので、簡単に独立することができます。けれども注意が必要なのは、自営業に融資する金融機関は少ないということです。まだ何も実践が無いわけですから、よほどの担保を持っていない限りは融資を受けることは難しいというわけです。

自営業としてスタートさせるために

自営業としてスタートさせるにあたり、まずは顧客の確保が必要になります。そのような営業活動も自分で行う必要があります。少しずつ実績を積み上げて、信用力をつけていくことが必要となります。エンジニアなどであれば、専門の求人サイトもあるので登録しておくことも良いものです。自分の保有するスキルを必要とする企業とのマッチングを行ってくれるのが理由となります。登録時には具体的に強みや軽減から得たことをアピールすることが大事です。

自営業における注意点とは

会社員とは異なり、自営業の場合には健康保険や年金は自分で加入する必要があります。その負担額も大きくなるので注意が必要です。また帳簿をつけたり確定申告で様々な手続きをしたりと、かなり忙しくなります。場合によっては本業に取り組む時間も少なくなるので、無理せずにスケジュールを立てて実践することが大事となります。必要があれば代行業者などを活用して、負担を減らすことも考える必要があります。一時的に営業代行を利用するのも有効です。

フランチャイズとは、商標の利用権や商品の販売などを提供して営業を行わせ、それに対してロイヤリティーとして対価を支払うことで成り立つ事業形態のことです。