必要な時の倉庫選び!物件選択の判断ポイント

Posted on 22 of 2月, 2016 by

必要に応じた倉庫の広さを選択

物品の保管には、倉庫があると大変便利です。各地には倉庫の空き物件が存在し、必要な時に借りられますね。しかし利用目的に応じた適切な物件選びが大切です。まずは、どの程度の広さが適切かについて情報収集し、厳密に検討する必要があります。狭すぎる倉庫では、物品の保管に足りません。一方で、必要以上に大きな倉庫は、維持費が大きな負担です。利用目的に応じた適切な広さの倉庫を選べば、必要最小限の負担で実用的に使えます。

倉庫周辺の道路事情をチェック

倉庫に物品を搬入出する場合には、トラックなどの運搬車を利用するのが通常です。その際に、倉庫物件の周囲の道路事情が関係します。狭い道路では、大型トラックによる搬入出は難しいです。また交通渋滞のできるだけ起きにくいエリアである方が、スムーズに荷物の運搬ができるでしょう。周囲の交通環境が優れている倉庫であれば、倉庫運営が大変にはかどります。倉庫物件を選ぶ際には、実際に周辺の道路事情を下見しておくのが確実です。

保管物にあった倉庫の必要設備

荷物の種類によっては、管理に特別な配慮が必要なケースがあります。危険物の保管の場合には、必要条件を満たした上で特別な許可を必要とする場合が存在します。また鮮度が重要な生鮮食品の扱いの場合には、冷蔵設備が倉庫内に整っているかが重要です。倉庫物件を選ぶ上で、必要に応じた条件の設備が整っているかの確認を事前に要します。もし特別な設備が必要であれば、自前で投資が必要となるケースもあり、事前のコスト算出が求められますね。

3PLとは、サード・パーティー・ロジックスの略称です。企業戦略の一つとして、物流機能の全体もしくは一部を第三の企業に委託することで実現する物流業務形態のことです。